フビニの定理1


  1. ならば
    に対し
    に対し
    可測
    可測

        
  2. 可測、に対しならば
    に対しの関数として可測
    に対しの関数として可測
    可測関数
    可測関数

        
        
  3. 上の複素数値可測関数、で可積分ならば
    に対しの関数としてで可積分
    に対しの関数としてで可積分
    の関数としてで可積分
    の関数としてで可積分

        
        

[0]Top



こだわりハウス
ピンポイントストリートビュー
おもしろ画像のピンポイントストリートビュー