可測関数


測度空間において、
を実数

として

と有限個の集合の和にする

を単関数という
を任意の実数として、

ならば、を可測関数という

性質
を実数として

複素関数
で定義された複素関数 で、実数部分・虚数部分がともに可測ならば、 は可測関数であると定義する。

[0]Top



こだわりハウス
ピンポイントストリートビュー
おもしろ画像のピンポイントストリートビュー